解剖学的な観点から足の健康に向き合うフットウェアブランド。その起源は、独自の中敷きの開発からだ。コンラッド・ビルケンシュトックは、フットベッドと呼ばれる中敷きを1896年に開発。木製か金属製の2択だった時代にコルクとラバーを用いた中敷きは革新的で注目を浴びた。その発展形が、1963年に誕生したサンダルのファーストモデルで、今や定番の「MADRID」。近年その進化形として、焼却時にダイオキシンなど環境を害する気体が出ず、軽量で水洗い可能なEVA素材の同モデルが登場した。