バウハウスの影響を受けたゲルト・アルフレッド・ミュラーのデザインで1966年に登場した「ラミー 2000」は、LAMYのデザイン哲学を公にしたロングセラー商品。ボディは樹脂とステンレスのコンビネーションで、磨き上げられた樹脂の表面に繊細なヘアライン仕上げを施す。スプリング入りクリップには世界で初めてステンレス無垢材を用いた。LAMYデザインの進化形は、ドイツの兄弟デザイナー、ジーガーデザインによるオールステンレス製の「ラミー スカラ」へと受け継がれている。