創業時に製造したバター攪拌機を発展させ、1901年、第1号洗濯機を完成。その後、掃除機、食洗機、調理機器へと幅を広げ、「常により良いものを“Immer Besser”」という哲学のもと、家事の時間短縮と室内空間の美しさを向上させる機器を作り出してきた。ミーレの洗濯機や調理機器はビルトイン型が標準だが、初のビルトイン対応型食洗機とオーブンは1960年代に誕生。次世代調理機器として2015年発売の「Generation 6000」シリーズでは、よりエレガントなスタイルとスムーズな操作性を実現した。